千古乃岩(ちごのいわ)酒造 ブログ

明治時代から続く岐阜県土岐市駄知町にある造酒屋。品質第一、おいしいお酒づくりに専念しています。

2005年09月24日(土)

麹菌(カビ)の胞子の大きさ [東京農業大学 醸造微生物学研究室 『醸微研』]

画像(180x183)・拡大画像(294x300)

前回のブログの正解です。

麹菌(カビ)の胞子の大きさは、10μm=0.01mmです。
分かりましたか?当然、肉眼では見ることの出来ない大きさです。
カビは、微生物では大きい部類です。
酵母:4〜8μm、大腸菌:1μm、ウイルス:20nm位かな・・・。


μ(マイクロ)は、あまり馴染みのない単位ですが、微生物学では良く使う単位です。ほかにはn(ナノ)やp(ピコ)も使います。


長さの単位は以下のようになっています。
1km=1000m
1m=1000mm
1mm=1000μm(マイクロメートル)
1μm=1000nm(ナノメートル)
1nm=1000pm(ピコメートル)
以下、同じようにf(フェムト)、a(アト)、z(ゼプト)、y(ヨクト)と続きます。

ちなみに1y(ヨクト)=0.000000000000000000000001mです。
ゼロが小数点以下23ヶもあります。
訳がわからん・・・。(もし、違ってたら、ごめんなさい)

参考ですが、m(メートル)がg(グラム)に変わればこのまま、重量の単位、ℓ(リットル)なら容量の単位になります。



ニュースなどでは、ときどき『ナノテクノロジー』という言葉が聞かれますが、この『ナノ』は単位の『ナノ』です。

ナノメートル(10億分の1)の精度を扱う技術の総称です。
要するに、ちょ〜精密な世界の技術ですね。


Posted by 杜氏:中島大蔵 at 15時28分   コメント ( 0 )

にほんブログ村 酒ブログへ
人気blog ランキング

コメント

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

9

2005


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

プロフィール

杜氏:中島大蔵

千古乃岩酒造株式会社

杜氏:中島大蔵

東京農業大学 醸造学科
醸造微生物学研究室 所属

つぶやいています!
http://twitter.com/chigonoiwa


fecebookページもありますよ〜
http://www.facebook.com/chigonoiwa


検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
千古乃岩(ちごのいわ)酒造 株式会社Copyright (C) 2005 chigonoiwa All rights reserved.