千古乃岩(ちごのいわ)酒造 ブログ

明治時代から続く岐阜県土岐市駄知町にある造酒屋。品質第一、おいしいお酒づくりに専念しています。

2006年05月10日(水)

GWのへなちょこ杜氏 vol.4 道の駅編 花街道付知 [杜氏日記]

駐車場にすら入れなかった『そばの郷らっせぃみさと』を後にし、
中津川市付知町の『花街道付知』に向かいました。


『みさと』は、駄知町から車で20分ほどの距離です。
しかし、『付知』は遠い!!駄知町から車で約1時間半・・・。
しかも、幹線道路には料金所が!
そう、山間部に多い有料道路。
大きな橋を渡るだけで200円!

なぜか、途中には有料道路以外を通る案内表示が無い!

これは意図的なのか?!と思いつつ到着!
GWの3日間、道の駅の裏手にあるイベント広場で行われている、
『第16回つけち森林の市(森林とかいてもりと呼びます)を見るのが目的!!


画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

毎年、見に行きたいとは思いつつも、なかなか来れなかったイベントです。

付知町は、木の町として有名!
木材などの原料、木工製品の生産が盛んな町なので、
木材・木工製品のイベントをやっている訳です。

そして、遭いたい人が!!
まずは、遠目から覗きます・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

各務政幸さん(一応、さんを付けておきます)
この各務さんは、見た目とは違い繊細な技術を持つ家具職人さん!!

そして、駄知消防団の前班長!
  そう、また消防関係者・・・。いつも消防ネタでゴメンナサイ。

ちゃんと働いているのか?と思い、監視しようと思いやって来ました。
意外にも、お客さんに説明としている・・・!!

Posted by 杜氏:中島大蔵 at 07時42分  コメント ( 0 )

人気blog ランキング
にほんブログ村 酒ブログへ

2006年05月08日(月)

GWのへなちょこ杜氏 vol.3 道の駅編 そばの里らっせぃみさと [杜氏日記]

5月5日 この日も昨日同様、大正村での地酒販売は母に任せ、
午前中に土岐市・多治見市内への配達や事務仕事を終わらせ、
午後から『東濃地域の道の駅』巡りに行ってきました。
ついでに、スタンプラリーも・・・。

画像(320x426)・拡大画像(480x640)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

もちろん、今回も遊びではありません。
一応、視察です。
どんぶり会館との比較や、
今後の参考のための勉強です!!




まず、恵那市三郷町にある『そばの里らっせぃみさと』
駐車スペースが少なく、臨時駐車場も無い・・・。
さらに、車を誘導する人もいなく、大混雑!!

この道の駅、交差点にあるにも関わらず、
道路から駐車場に入る構造が悪い・・・。

どうしても、出入り口が混雑いやすい構造になってしまっている!
混雑する時間帯だけでも、スタッフが対応するなどすればいいのになぁ〜と思いつつ、
結局、駐車場にすら入れず・・・。
スタンプを押しただけでした。

画像(320x348)・拡大画像(588x640)

ちなみに、どんぶり会館では、
通常の日曜日のテント市では、出店者が順番に誘導係りを務め、
連休中は、小売商組合の組合員が誘導係を務めていました。

誘導係は、暑い中駐車場内を走り回るから、かなりの重労働!!
お疲れ様です!!


『そばの里らっせぃみさと』の次は、『花街道付知』へ向かいました。
続きは次回。

Posted by 杜氏:中島大蔵 at 04時59分  コメント ( 0 )

人気blog ランキング
にほんブログ村 酒ブログへ

2006年05月07日(日)

GWのへなちょこ杜氏 vol,2 土岐美濃焼まつり編 [杜氏日記]

5月4日 

大正村での地酒販売は母に任せ、午前中に配達や事務仕事を終わらせ、
午後から日本三大陶器まつりにもなっている『土岐美濃焼まつり』に行ってきました。

もちろん、遊びではありません。一応、視察です。

東海地域では、ニュースや新聞等で報道されていますが、
3日間の人出は、36万人!!!!!!

画像(320x447)・拡大画像(640x895)

土岐美濃焼まつり新聞記事

会場は、美濃焼商業団地と言って、陶器関係の商社が沢山ある場所です。
それらの商社の倉庫を開放する『蔵出し市』と
地元の陶磁器業者・窯元が200ブース出店した『大テント市』、
170人もの作陶家・クラフト作家の作品の販売も行われました。

そんな中、目に入って来るのは『駄知消防団』関係者達

まずは、もうすぐ操法大会だけれどもそんなに悩んでない工藤工 本部長!

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

南窯

本部長は、土岐市駄知町にある南窯(みなみがま)と言う窯元さんです。
HP・ブログは、こちらです。


そして、第2部部長の纐纈さん!
こちらは、(有)丸交交告陶苑という陶器商さんです。
HPはこちら

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

丸交交告陶苑

そして、(有)中尾巧芸の中尾先輩
画像では少し分かりにくいですが、
主に箸置きを造ってみえる窯元さんです

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

中尾巧芸

この他にも、陶器商さんの(株)一久の籠橋さん
(株)カク仲の白石さん 
   などたくさんの駄知消防団員がいました。

そして、もう1人!!
駄知消防団の中垣連次 副団長
外の雑踏とは一味も二味も違った茶室で・・・。

おっ、おっ、お手前頂戴します!!!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

副団長は、土岐市駄知町にある、秀峰窯(しゅうほう)と言う窯元の社長さんであり陶芸作家さんでもあります。
(Yahoo!で検索すると、しっかり作品が出てきました)



画像(180x135)・拡大画像(640x480)

卓男先生の茶碗

今回は、こちらのお茶碗で頂きました。
この茶碗は、なんと加藤卓男先生の作品です。
加藤卓男先生は、昨年お亡くなりになられた
人間国宝の大先生!!

しかも、茶席料はたった500円!
これで、人間国宝の造られた茶碗でお茶が頂けるのは、凄い事です。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

高台

高台はこんな感じです。

こんな素晴らしい茶碗でお茶をいただけるのも、
『まつり』だからこそだと思います。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

皆さん、3日間ご苦労様でした!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

隠れてる?

Posted by 杜氏:中島大蔵 at 21時23分  コメント ( 1 )

GWのへなちょこ杜氏 vol,1 日本大正村編 [杜氏日記]

GW連休も終りに近づきました・・・。
中には9連休なんて、羨ましい人もいたようですね。

千古乃岩酒造は、GWも頑張って仕事をしていました。
まずは、5月3日の岐阜県恵那市明智町の『日本大正村』の様子をお伝えします。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

千古乃岩の屋台の前には、人だかりが出来るほどの盛況!!
もちろん、『またほん』さん特性の大正村名物コロッケパンは、
もっとスゴイ人気!!!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

町中が会場!!
至る所で、色々なパフォーマンス!

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

大道芸や大正楽団など、そして愛地球博の

モリゾーとキッコロ

森へ帰ったはずなのに、何故か大正村で発見!?
子供達の人気者?

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

大正村からの帰りには、普段通らない道を使って、
駄知とは反対方向にある、恵那市上矢作町に向かいました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

途中の山間からの風景です。
画像ではあまり感じないのですが、急斜面に水田や畑が広がっている清々しい風景でした。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

わざわざ、上矢作町に来たのは、道の駅『ラフォーレ上矢作』の様子を見るためです。
どんぶり会館以外の道の駅を見て、今後の商品構成やイベントの参考になる事があればと・・。

山間にある道の駅だけあって、春の山菜が多くありました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

駅の中では、漬物などの加工品が多かったのですが、
木工製品も多く見受けられました。



GW中に様々な場所に行きました。
今後も、順番に紹介します。

Posted by 杜氏:中島大蔵 at 00時29分  コメント ( 0 )

人気blog ランキング
にほんブログ村 酒ブログへ

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

5

2006


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

杜氏:中島大蔵

千古乃岩酒造株式会社

杜氏:中島大蔵

東京農業大学 醸造学科
醸造微生物学研究室 所属

つぶやいています!
http://twitter.com/chigonoiwa


fecebookページもありますよ〜
http://www.facebook.com/chigonoiwa


商品分類

検索


リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
千古乃岩(ちごのいわ)酒造 株式会社Copyright (C) 2005 chigonoiwa All rights reserved.